from lala
about leather
はじめに
革になるまで
それぞれの動物の種類と特徴
attention
それぞれの動物の種類と特徴
<牛皮>
牛の年齢、性別により種類が分けられている。

・カーフ
生後6ヶ月くらいまでの牛の革。
傷が少なく、やわらかくてキメが細かい。
仕上がりのつやも牛革の中では最も美しい高級素材。

・キップ
生後6ヶ月~2年くらいの牛の革。
カーフより、厚くて丈夫。

・ステア
生後3~6ヶ月の間に去勢した、満2才以上のオス牛。
カウよりやや硬めだが、丈夫。
厚手で耐久性に優れる。

・カウ
生後2年以上の出産経験のあるメス牛の革。
厚さ、キメの細やかさは、キップとステアの中間くらい。
ステアに比べて柔らかい。

<羊革>
柔らかく軽い。薄くしても比較的丈夫。
身体になじむ感触は成牛より優れる。
表革のぎん面(表面)にある「しぼ」というこじわが平均的。

・ラムスキン
生後1年以内の羊の革。
しっとりと滑らかで、柔らかくて軽い。

・ヘアシープ
直毛の羊の革。
しぼがきめ細かく美しい。
丈夫で使いこなすほど味が増す。

・ウールシープ
縮れた巻き毛の羊の革。
軽くて弾力のある厚みと柔らかさが特徴。

<鹿革>
ディアスキンと呼ばれ、水分を吸収しやすいが変質しにくく、
丈夫で柔軟性に優れる。
通気性がよく、保湿力も高い。
野生の鹿は傷が多いのが欠点。また、革の表面がはがれやすい。
.